スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました

ながらく更新していませんでした。
子供が産まれてからはフィールドに出ることも極端に減り、月に1~2度出られるかどうか・・・という感じです。

昨シーズンは全然出会えなかったコミミズク。
仕事納めとなり夜勤明けで探しに行ってきました。

猛禽類の探鳥ポイントの草原を取り囲むように車が並んでいます。
堤防上の見下ろすポイントに人が多く集まっています。

あの辺が一番出やすいのかなぁ・・・と思いつつ、他の人とは離れた場所で待機。


ケアシノスリやノスリ、オジロワシなんかを見ながらじっくり待つ。

やがて風も弱くなり、日没が迫る時間。
低空で飛ぶ白い影を確認。

堤防の上の人々も慌てて動き出す。

コミミズク2016 (8)

自分の位置からは遠すぎるが、人の動きはよく分かる。
コミミの飛ぶ方向に向かって、ぞろぞろと右往左往するカメラマンたち。

やがて逆方向からも飛び始める。

コミミズク2016 (1)

こちら側には2羽を確認。

コミミズク2016 (3)

全部で3羽いるようだ。


こちら側は人が少ない分、近くまで飛んできてくれる。

コミミズク2016 (4)

久しぶりの再会に心が躍る。


コミミズク2016 (5)

何度か獲物めがけてダイブしていたが、捕れた様子は見えなかった。

コミミズク2016 (6)

自分の前を3羽が行ったり来たりしてくれるので、何度も撮影チャンスが訪れる。


コミミズク2016 (2)

目があった気がした。


日没寸前になり赤い光が差し込みだす。

コミミズク2016 (7)

コミミズクの羽と草原が夕日に染まる。


今年はこれが鳥納めとなるであろう。
来年は酉年。
よき鳥に巡り合えるよう願うばかりである。
スポンサーサイト
年末も森歩き | Home | 夏の若者たち

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。