FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園鳥見 【後半】

渡りも後半になると見られる種類が増えてきます。

地面でガサガサと音をたてる群れがいます。

文化公園 後半 (3)

シロハラ
こちらは旅鳥として通過途中に立ち寄ります。


文化公園 後半 (1)

アカハラ
こちらは夏鳥。
平地から山地の林や森などで姿や囀りを確認できます。


文化公園 後半 (4)

クロツグミ雄

文化公園 後半 (2)

クロツグミ雌

クロツグミも夏鳥です。
囀りをよく聞きますが警戒心が強く、姿を見る機会は少ないと思います。

他にマミチャジナイや時にトラツグミも見られることがあります。

こういったツグミの仲間は夏冬旅鳥混合で群れて行動している様子が見られます。



GWを過ぎる頃、苫小牧にも桜の季節がやってきます。


文化公園 後半 (5)

シジュウカラ

一般的な種も桜をからめるといい絵になります。


桜の蜜を目当てにした鳥も集まってきます。

文化公園 後半 (6)

メジロ
数十羽の群れが花に群がってきていました。



花が咲くと虫も集まるようになるのか、虫目当ての鳥も見かけやすくなります。

文化公園 後半 (7)

センダイムシクイ



文化公園 後半 (8)

キビタキ




個人的に、桜が散る頃この公園での鳥見を終了しています。
少しすると葉が茂りだし、野鳥観察が難しい季節になります。
でも、姿は見えずとも囀りなどが賑やかになるので、様々な歌声を聴きながらの散策も楽しくなります。
スポンサーサイト
マイフィールドに現れた珍鳥 | Home | 公園鳥見【前半】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。