春の渡り

ガン類の北帰行が始まりました。
最初はむかわ町の田んぼを餌場とすることが多く、雪解けとともに餌場を変えていきます。

今季は積雪が少なく、すでに多くの田畑が開いてしまっています。
ですが、雪が少なかった昨年と比べると渡りのペースは遅めな感じです。

ねぐらとなる湖沼が解氷しきっていないのが原因でしょうか?

天然記念物のマガンの群れ。

160312 むかわ (2)

乾いた田んぼより、雪解け水などが残る田んぼに集まっていることが多いです。
落ち穂が濡れていた方が飲み込みやすいようです。


時折、オジロワシなどが上空を飛ぶと群れが一斉に飛び立ちます。

160312 むかわ (1)

迫力があります!
ですが、落し物には要注意。
車にぼとぼと落ちてきます。


たまに群れに珍しいのがいたりします。

160312 むかわ (3)

シジュウカラガン
紛れていると見つけにくいですが、発見率は高い方です。


ハクガンも数羽いるそうですが見つかりません。
カリガネとかサカツラガンも見てみたいものです。



田んぼを回っているとカラスも群れています。
その中には、

160312 むかわ (4)

ミヤマガラスが混じっていることもあります。
運が良ければコクマルガラスも見られます。



草原に行くと

160305 むかわ

ハイイロチュウヒ雌

今季は雄もよく出たそうですが、自分は遭遇率低めでした・・・。


今週末にウトナイ湖でガンを見る会があります。
今年のピークはいつになるでしょうか?
カウント調査の日程が合わず、参加できずに抜けてしまいそうです。
スポンサーサイト
人の影響で傷つく生き物たち | Home | たまには猫の写真も・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する