冬の港

1月が過ぎ、暖冬といっても冷え込む日も多くなってきました。
雪の林内を散策もいいですが、暖かい車の中からの鳥見で済ませたくなります。

そんな時は港で海鳥観察!

埠頭の岸壁に車を付けてブラインド代わり。
普段より近い距離で見やすいです。


この日は釣り人もいて、カモ類は遠くの方。
近いところに浮いてきたのは

DSC_0634.jpg

ハジロカイツブリ


毎年、多く見ることができます。
春先になると夏羽の個体も見られることもあり楽しみです。



大きいカイツブリもいました。

DSC_0667.jpg

アカエリカイツブリ
顔の模様からして若鳥でしょうか?

夏羽の赤い襟はありません。


他にもカンムリカイツブリが群れで浮いているのが見られたりする東港。
面白いですよ。

ただし、埠頭での作業などの邪魔にならないように鳥見を楽しみましょう。
スポンサーサイト
赤いヒトたち | Home | 2016年 最初の研究林

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する