スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の研究林

暖冬の今季。
なかなか積雪が増えません。
でも、ようやく気温が下がり日中も寒くなってきました。


そんな寒さに負けずに研究林を散策してきました。

エゾリスたちは冬眠しないので、食料探しに余念がありません。

エゾリス研究林 (2)

冬の間は主に午前中だけ活動し、あとはねぐらで寝て過ごすようです。
午後から来てもめったに見ることは出来ません。

エゾリス研究林 (1)

雪の下のエサを探しているようです。
まだ雪が少ないので余裕ですね。


日本最小種のひとつ

キクイタダキ研究林

キクイタダキ

針葉樹を好み、葉の間を移動しながら虫を探します。
ちょこまか動き回るので撮影は難しいです。


同じく最小種の

ミソサザイ研究林 (1)

ミソサザイ
川べりを移動しながらエサを探していることが多く、保護色も相まって見つけにくいです。

ミソサザイ研究林 (2)

冬でも時に囀っていたりします。
尾羽をくいっと上にあげたポーズが可愛いです。


可愛いといえば忘れてはならないのは・・・

シマエナガ研究林 (1)

シマエナガ
北海道の亜種シマエナガは真っ白な頭部が特長的。

シマエナガ研究林 (2)

小さな雪ダルマみたいな姿。
野鳥界のアイドル的な存在で人気があります。



真っ白いといえばこの方・・・

ダイサギ研究林 (1)

ダイサギ
白鷺と言われる一種で、大中小で名前が付けられています。
見た目は綺麗ですが鳴き声は可愛くありません。

ダイサギ研究林 (2)

川辺で魚を狙っている姿をよく見ます。


氷点下の渓流では自然の芸術作品を探すのも面白いです。

氷

水飛沫が凍りつき、見事な造形美を作り出します。
生き物以外はあまり撮らない時分ですが、たまにこんなのも撮ってみたりします。
スポンサーサイト
2016年 最初の研究林 | Home | 調査報告プレスリリース

コメント

今年も終わってしまいますね。突然ですが…

ブログ読んでる内に…ファンになってましたヽ(*’-^*)。
なんかこう純粋な優しさを感じたんです。
少し冷静さを取り戻せた気がします
今の私は、思い足枷が足のみならずなんかもう両足両腕にはめられてるんじゃないかと思うぐらい心だけじゃなくて体までしんどくて…。

フィールド友達さんも日々、苦労や悩みお持ちだと思うのですが相談とまで言わないので私の話聞いてもらえたりしませんか?

耳を傾けて頂けるだけで有難いです
お返事を本当に心から待ってます。
ご迷惑ならコメント事私のことも消してください。すみません。

2015/12/29 (Tue) 21:14 | かふぇらて♪ #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

自然に関する質問でしたら分かる範囲でお答えしますので、お気軽にお聞きください。

2016/01/02 (Sat) 12:52 | フィールド友達 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。