FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の道東 鳥巡り 3日目

3日目は落石へ向かいました。
ここから船で沖に出てユルリ・モユルリ島の周囲で鳥見をします。

一応クルーズと銘打っていますが、地元の漁港から出ている漁船をチャーターしてのクルーズです。
クルーザーのようなスタビライザーも付いておらず、非常に揺れます。


この日の天候はいまいち。
曇っていて風も強く、波がうねっています。

あまり期待できないかも・・・と心の中で思いつつ出港。


強い向かい風で船は大揺れ。


波間に浮かぶ鳥を探すのも大変です。


20150815落石クルーズ (1)

ウトウ

ケイマフリやコアホウドリ、フルマカモメなど外海の鳥も時折姿を見せます。


20150815落石クルーズ (4)

オロロン鳥の名で知られるウミガラス


島の周囲にある岩場には

20150815落石クルーズ (2)

ウミウやヒメウが多くいます。


沖を飛び交うミズナギドリたち。

20150815オオミズナギドリ (1)
20150815オオミズナギドリ (2)

オオミズナギドリ


20150815落石クルーズ (3)

ハシボソミズナギドリ



このクルーズでの本命はやはり・・・

20150815エトピリカ (1)

エトピリカです。


赤く太い嘴が目立ちます。

20150815エトピリカ (2)

アイヌ語で『エト』は嘴。 『ピリカ』は美しいという意味です。


国内ではこの辺りでしか見られない鳥です。
合計8羽も見ることができました。


他に、トウゾクカモメやウミバトも見られました。
ヒレアシシギやウミスズメなどが見られませんでしたが、すごく楽しめました。


20150815落石クルーズ (5)

漁港に戻るとオオセグロカモメのヒナがお出迎え。



ここから一路、苫小牧を目指します。
しかし途中で力尽き、日高で一泊したので4日目に突入したりもしていました(笑)

4日目の朝に帰宅し、夜は勇払原野での夜間調査とハードなスケジュールでした。


スポンサーサイト
大雨のちのウトナイ湖 | Home | 夏の道東 鳥巡り 1~2日目

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。