スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏真っ盛りのウトナイ湖

今日はウトナイ湖を散策してきました。
午前中は曇り空で過ごしやすい天候だったのですが、午後から日差しが強くなる時間がありました。
じっとり汗ばむ中での自然観察となりました。

20150811ウトナイ湖 (4)

木道の脇に咲くエゾカワラナデシコ
やや終わりかけでしょうか?


20150811ウトナイ湖 (7)

エゾミソハギ


20150811ウトナイ湖 (2)

ハッカ


夏らしい花々が多いです。


20150811ウトナイ湖 (8)

足元にはナワシロイチゴの実がなっています。


20150811ウトナイ湖 (5)

オニユリの蜜を吸うミヤマカラスアゲハ


この時期は鳥よりも花や昆虫に目が行きます。


20150811ウトナイ湖 (9)

ゴマシジミの産卵
昨年も撮影に挑戦しましたがいまいちでした。
今回はまあまあの出来栄えでしょうか?


20150811ウトナイ湖 (3)

クモを捕えたニホンカナヘビ
足元でも自然界の節理が働いております。


林内を歩くとキノコがあちこちに生えていました。

20150811ウトナイ湖 (12)
20150811ウトナイ湖 (6)

キノコの図鑑は持っていないので識別できません・・・。



植物や昆虫ばかり撮っていますが、野鳥だっています。

20150811ウトナイ湖 (1)

アカハラ

あまり姿を見られない時期ではあります。
見られても藪に隠れて撮影は難しかったりします。
でも、いないわけではないんです。


20150811ウトナイ湖 (11)

6月に出会ったコブハクチョウのヒナたちが大きくなっていました。


20150811ウトナイ湖 (10)

羽軸の先から風切りが伸びかけています。
外来種とはいえ、こういう光景を見るとほほえましく感じます。


スポンサーサイト
夏の道東 鳥巡り 1~2日目 | Home | 日替わり野鳥 『センダイムシクイ』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。