スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇払原野の夏

7月だというのにこの暑さ。
苫小牧には珍しく30℃近い気温なのではないでしょうか?

7月といえば希少鳥類生息調査の始まる月。
今月5日には自分が担当する探鳥会が行われたので、6月末から頻繁に勇払原野へ入っていました。

今年はドクガが大量に発生しており、藪の中を進むのは危険です。
体のあちこちが毒針で痒くなり、たまりません。


北海道3大原野として釧路湿原やサロベツ原野に並ぶ勇払原野。
しかし、勇払原野はウトナイ湖や美々川など一部地域を除き大半が工業用地になっています。

150711弁天沼

ここ弁天沼も春秋の渡りの季節には水鳥が羽休めに利用しており、この周囲も含めて保護地域に指定されることを願います。
自分自身も、勇払原野保全計画の一環としてウトナイ湖サンクチュアリで行っている調査に、ボランティアで参加し協力しています。


初夏の勇払原野は草原性の野鳥を楽しめます。

150711ホオアカ

ホオアカ
他にノビタキやコヨシキリなども多いです。

林も豊富なので

150711ベニマシコ

ベニマシコのような草原~林の鳥も多く見られます。


沼地にはヒシなどの植物も見られ、

150711ヒツジグサ

ヒツジグサも午後になると花を咲かせます。


沼が点在する湿地帯では昆虫も豊富です。

150711キトンボ

キトンボ?


150711トンボ (2)

? 同定できませんでした。


昆虫が豊富な場所はこのヒトも好きです。

150704チゴハヤブサ

チゴハヤブサ
毎年のように同じあたりで観察しています。



調査対象の野鳥は希少種のため写真は控えさせていただきます。
秋にサンクチュアリから調査報告がなされるので、その時にあわせて写真をだそうと思います。


スポンサーサイト
日替わり野鳥 『アカハラ』 | Home | 日替わり野鳥 『ノビタキ』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。