FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑に包まれて

春から初夏へと移り変わり始めるウトナイ湖。
湖には水鳥の姿はごくわずか。

この季節は林内を中心に散策を行う。

木々には葉が茂りはじめ、鳥たちの姿を覆い隠していく。
姿が見えずとも、囀りは賑やかなので声を楽しめる。

150518キビタキ

キビタキの澄み渡る囀りは遠くまでよく聞こえる。
ときに他の雄との縄張り争いが始まり、ブブブブと羽を打ち鳴らす音が聞こえてくる。



150518コサメビタキ

コサメビタキも多い。
囀りはわりと小さめなので、ある程度近づかないと聞こえてこない。



150518アリスイ

アリスイの鳴き声もよく聞こえる。
昨年は巣穴から顔を出すヒナを見つけたが、今年はどこに営巣しているのだろうか?
特に探そうとは思わないが、見つけてしまうと気になるものだ。



150518アカゲラ

ごつごつと木をつつくアカゲラ。



150523ノビタキ

湖畔沿いの草原ではノビタキの姿が見られる。
毎年のように同じあたりに営巣するようだ。



150523オオジシギ

藪の中で羽繕いするオオジシギ発見。
ディスプレイフライトする姿を見上げることが多いので、たまには地べたにいるところをじっくり観察したい。



150523アオサギ

水面すれすれを飛ぶアオサギ。
産卵期を迎える魚たちが岸辺に集まってきており、それが狙いなのだろう。



150514センダイムシクイ

林内の池で水浴びするセンダイムシクイ。


たまに複数の囀りが聞こえる中で
「今日は何の鳥もいない」などというカメラマンに出会うことがある。
彼らは何を見て、何を聴いているのだろう?
周囲には多くの鳥たちの気配があるというのに・・・。


150524 マイヅルソウ
マイヅルソウ



スポンサーサイト
ベビーラッシュ | Home | 春の市民探鳥会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。