スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春めいてきた公園で

苫小牧市の中心部近くにある『市民文化公園』

市役所にも近く、体育館や博物館が隣接し、住宅街に面したほどほどの広さの公園。

こんな市街地の公園も鳥見が面白い。


春の渡りも始まっているので、少々早いが見に行ってきた。

落ち葉をガサガサと探る

150330ツグミ

ツグミ

ツグミ類はまだ本種しか見えないが、もうじき他のツグミ類が群れ始める。
夏鳥のアカハラやクロツグミ、旅鳥のシロハラやマミチャジナイ、冬鳥のツグミと
多種多様なツグミ類が群れて行動するようになる。

まだ冬鳥の姿が多い。

150330アトリ

アトリもまだ数羽確認できた。

この日見た鳥:オオセグロカモメ、ハシボソガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ミソサザイ、ツグミ、ハクセキレイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、シメ

毎年、春になると鳥見に来るこの公園。
オオルリやコマドリ、カヤクグリなど森林や山地の鳥が羽休めに訪れる。
地元のバーダーに人気の公園だ。


その後、レンジャーから聞いた情報をもとに勇払へ。

聞いたその日は見られなかった。
その翌日は上空を群れが飛んで行っただけだった。

なので、改めて見に行ってみた。

駐車場から松林に向かうとパキパキと音が響いてくる。
枝の中を動く赤い影。

いたいた。

150330イスカ

イスカの群れ発見。
2~30の群れを見たと聞いたので探していたのである。

150330イスカ雌

メスもいる。

研究林でもたまに見かけたが、いつも高い木の上にいてイスカっぽいのがいる程度だったので、じっくり見られてうれしい。

150330 イスカ

少数ではあるが道内の高山帯で繁殖もしているらしい。
いつまでいてくれるかは分からないが、また探しに行ってみようかなと思う。



スポンサーサイト
ぽかぽか陽気の中 | Home | 海鳥観察

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。