FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マガンのカウント調査

3月8日にウトナイ湖でのガンのねぐら立ちが6万を超えた。
明らかに例年より早く群れが集結している。

3月14日
翌日はガンのカウント調査があるので、前日の下調べ的な感じで撮影を兼ねて日の出前のウトナイ湖に行ってきた。
6万越えの翌週であり、そろそろピークか!?
と期待して湖畔に出ると・・・・ん?マガンはどこに?

がらんとした湖面。
対岸の方に群れがいるが少ない。

DSC_1052.jpg

ざっと目算で見て、多く見積もっても1万もいないだろう。
たまたま冷え込み湖面が4割ほど凍ったからか?
きっと日中のうちに氷が解ければ群れが戻ってくるだろう、そう信じて翌日のカウントへ。

3月15日
ウトナイ湖サンクチュアリで毎年行っているガンのカウント調査。
辺りが真っ暗なうちから集合し、ガンが飛び立つ日の出の前に羽数を数えて記録に付ける調査である。

自分も毎年ボランティアで参加している。
この日はメンバーは少なめで3人。
湖の氷はすっかり解けている。

はたしてマガンたちは!?

DSC_1198.jpg

前日より近いが・・・やっぱり少ない。
3人で数えたその数2,000±という結果。

まずい少なすぎる、次の土日はガンを見るイベントだというのに。
雪解けが例年より早まり、群れはすでに抜けてしまったのか?

DSC_1213.jpg

日の出を待ってこの日の調査は終了。
朝日の中をマガンの群れが舞う姿が美しいのにな。


3月16日
朝、一通のメールが入る。
「すごい数のマガンがいるよ」
連絡のあった地点に向かってみる。

DSC_1415.jpg

草地に降りて採餌するマガンたち。
奥の方まで群れており、ざっと見で1万近くはいるだろう。

今までこの地点にマガンが入った覚えはない。
港湾工業地区だし、牧草地でもない普通の草地である。
なぜここに?
どこから?

DSC_1469.jpg

重機が動き出し、飛び立つマガンたち。

雪解けが進み、餌場とねぐらが分散したのだろうか?


DSC_1552.jpg

後から駆け付けたレンジャーといろいろ相談。
ねぐらの候補として付近の沼が怪しいので調査を提案する。

カウント調査の時に二手に分かれて調べてもらえそうだ。

DSC_1593.jpg

大きな群れが一斉に飛ぶと空がマガンで埋まり、羽音で空気が震える。
大迫力の光景に、思わずカメラを構えることも忘れることがある。


毎年、マガンを見ていても飽きない理由の一つである。


スポンサーサイト
日替わり野鳥 『アカゲラ』 | Home | 雁のいろいろアート展

コメント

こんにちは。
マガンの大群はそれにしても凄い数ですね。
年によって飛来数の変動などもありそうなので、毎年チェックしていると、面白いデータが取れそうです!

今後も北海道の野鳥たちの記事を楽しみにしています♪

2015/03/18 (Wed) 16:42 | やんばるクン #- | URL | 編集
やんばるクンさん

見つけた群れは一日限りだったようで、付近を捜索しても一羽も見つかりませんでした。
飛来数もそうですが、移動のタイミングなども毎年違うので面白いです。

2015/03/19 (Thu) 11:21 | フィールド友達 #VmU3hH7E | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。