九州鳥見 『クロツラへラサギ』

ペリカン目トキ科

環境省RDB:絶滅危惧ⅠB類



冬鳥として主に九州へ飛来。
北海道では迷鳥。



クロツラヘラサギ須崎調整池 (1)
(須崎調整池)



へら状の嘴に黒い顔が目立つ鳥。
九州では干潟や干拓地でよく見られる。



クロツラヘラサギ曽根干潟
(曽根干潟)



干潟が満潮になると水のこない場所で休んだりしている。



クロツラヘラサギ大授搦
(大授搦)


満潮でも足が付くような水位の時は採餌するようだ。




クロツラヘラサギ諫早干拓 (2)
(諫早干拓)


水中に嘴を突っ込みながら歩き、魚などを捕食する。





クロツラヘラサギ須崎調整池 (4)
(須崎調整池)



クロツラヘラサギ須崎調整池 (5)
(須崎調整池)



干満の差がない場所では朝夕に採餌し、日中は寝ていることが多いようだ。





クロツラヘラサギ須崎調整池 (2)
(須崎調整池)


北海道ではなかなか見る機会が少ない本種だが、九州ではよく群れを見られた。




クロツラヘラサギ諫早干拓 (1)
(諫早干拓)



そして結構近かった。




クロツラヘラサギ須崎調整池 (3)
(須崎調整池)



主に朝鮮半島で繁殖しており、総数は4000羽弱とされている。
スポンサーサイト
九州鳥見 『ナベコウ』 | Home | 九州鳥見 『クロヅル』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する