九州鳥見 『オオバン』

ツル目クイナ科

東北以北で夏鳥、一部越冬。
それ以外では主に留鳥。



オオバン (1)
(響灘ビオトープ)



黒い体、額から嘴にかけての白が目立つ。
冬の九州では水場のあるところならどこでも見かけるような鳥でした。

北海道でも普通に見られ、特に渡りの時期は群れをよく見ます。

潜水し水草などを食べる姿をよく見ます。



オオバン (2)
(諫早干拓)



特に特徴的なのは「弁足」と呼ばれる指に生えた水かき。
陸上歩行の邪魔にもならず、水上生活の役にも立つ。




オオバン (3)
(須崎調整池)




数年前に一度だけ、湖面に浮かぶオオバンをチュウヒがホバリングして狙っているのを見たことがる。
オオバンは慌てて逃げ出すだろうと思っていたら、何度も空中にジャンプしチュウヒを攻撃して追い払った。
結構、気性は荒いのかもしれない。


スポンサーサイト

九州鳥見 『シロハラ』

スズメ目ヒタキ科

冬鳥として飛来し主に西日本で越冬。
北海道では旅鳥(冬季の目撃情報もあり)。



シロハラ (1)
(瀬板の森公園)



同じ種類のツグミは住宅街の街路樹でも見かけるが、シロハラはある程度の自然環境が整った場所を好むようだ(個人的な感想)。



シロハラ (2)
(瀬板の森公園)



行動は他のツグミ類と似ており、跳ね歩きながら落ち葉をガサガサとかきわけ虫を探す。
ツグミ類らしく警戒心は強めで、人が近付くと藪や木の上などに逃げ込む。

九州鳥見 『チュウヒ』

タカ目タカ科
環境省RDB:絶滅危惧ⅠB類


北海道では夏鳥、越冬する個体もいる。
その他の地域では主に留鳥。


アシ原のある湿地帯などを好む草原性のタカ。
翼をV字にして低空飛行し獲物を探す。



チュウヒ (1)a
(響灘ビオトープ)



北九州市にある若松区はチュウヒの繁殖地の南限だそうだ。



チュウヒ (2)a
(響灘ビオトープ)



埋立地である工業地域に作られたビオトープ内で繁殖しており、通年チュウヒの姿を見ることができる。

九州鳥見 『カワセミ』

ブッポウソウ目カワセミ科

北海道では夏鳥(一部越冬)
それ以外では留鳥。


カワセミ (1)
(小倉南区)



青と橙色が目立つ人気の鳥。
野鳥を知らない人でもカワセミくらいは知っている人が多いだろう。



カワセミ (2)
(小倉南区)



自然豊かできれいな水場にしかいないと思われがちだが、割とどこにでもいる。
九州出張の際、住宅街にあるアパートに住んでいた。
そのアパートの前にゴミが散乱する川が流れていたが、玄関を開けると時々カワセミがいた。




カワセミ (3)
(須崎調整池)



しばらくシギチが続き、地味な色ばかりだったので色鮮やかなカワセミにしてみた。
だが、背景が人工物で殺風景になってしまった。

九州鳥見 『オバシギ』

チドリ目シギ科

旅鳥として飛来する。


体長27cm



オバシギ (1)
(大授搦)


左側にいるのはダイゼン。



漢字では「姥鷸」と書く。
腰を丸めたような太めの体型からつけられた名だと思われる。



オバシギ (2)
(大授搦)



奥側の2羽がオバシギ。
手前にいるのはハマシギ。



これでシギチシリーズは終了となります。
九州では他にも何種類かのシギチにも会えました。
春の渡りが始まる前に帰ってきてしまったのが心残りです。

九州鳥見 『ホウロクシギ』

チドリ目シギ科
環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類

主に旅鳥



チュウシャク、ダイシャクと続いたので、やはり今回はホウロクです。


ホウロクシギ (1)
(大授搦)



ダイシャクシギと同じく長く湾曲した嘴が目立ちます。
ホウロクの方がやや大きいです。


ホウロクシギ (3)
(大授搦)



習性はダイシャクシギと似ており、嘴で泥の中のカニなどを探して捕食します。



DSC_0140.jpg
(大授搦)



ダイシャクシギとの識別ポイントは、まず全体的に褐色味が強いです。
下尾筒や腰が褐色で黒班があり、翼の下面も黒班があり白くは見えません。



ホウロクシギ (2)
(大授搦)



ホウロクシギの語源は「焙烙」という土鍋の色に似ているからとの説がある。

九州鳥見 『ダイシャクシギ』

チドリ目シギ科
旅鳥または冬鳥


北海道でも少数が旅鳥として飛来する。



ダイシャクシギ (2)
(大授搦)



長く湾曲した嘴が特長的な鳥。
主に干潟で泥の中に嘴を差しこみ、カニなどを捕食する。



ダイシャクシギ (1)
(大授搦)



上の写真から、泥の中にかなり奥まで嘴を差しているのが分かる。



類似種としてホウロクシギがいる。
識別のポイントとして、まず全体的にダイシャクシギの方が白っぽい。



ダイシャクシギ(4)
(曽根干潟)



次に下尾筒と腰が白い。
翼の下面も白っぽく見える。



チュウシャクシギは嘴が短く頭央線がある。



ダイシャクシギ (3)
(大授搦)


体長は58cm
ハマシギなどよりずっと大きい。

九州鳥見 『チュウシャクシギ』

チドリ目シギ科

旅鳥として飛来。
図鑑では群れでいることが多いとあるが、自分は単独でしか見たことがない。





チュウシャクシギ (1)
(大授搦)



体長は42cm
下向きに湾曲した嘴が特長的。



チュウシャクシギ (2)
(大授搦)



泥の中に嘴を差して獲物を探す。
ここではカニをよく食べているようだ。
テーマ: 野鳥の写真 | ジャンル: 写真

九州鳥見 『タシギ』

チドリ目シギ科

旅鳥や冬鳥として飛来する。

九州では田畑や水路などでよく見られた。



タシギ
(出水干拓)



保護色で見つけにくいため、気付かずに近くまで歩いていくと、いきなり足元から飛び出してきてびっくりすることが何度もあった。

九州鳥見 『ハマシギ』

チドリ目シギ科
環境省RDB:準絶滅危惧種


旅鳥・冬鳥として飛来する。
九州の干潟には必ずいる感じでした。
北海道でも少数が越冬しており、漁港などで見ることができます。


ハマシギ (2)
(大授搦)



体長は21cm
やや下向きに湾曲した嘴が特長的です。




ハマシギ (1)
(大授搦)



大授搦では毎年数千羽の群れが越冬しており、群れが空を舞う様子は圧巻。





ハマシギ (3)
(大授搦)



↑の写真はハマシギ以外も多数混じっています。