スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の虫たち

暖かくなり花の盛りを迎える頃、様々な昆虫たちが活発になる。

特に草原の女王の名を持つホザキシモツケの集客力はなかなかだ。


花と昆虫 (2)

ベニシジミ





花と昆虫 (4)

ホザキシモツケを食草とするフタスジチョウ
花の蜜だけではなく産卵もこの木に行う。



頭上にクワの実がなっていたので見上げてみると・・・

実と昆虫

葉の裏にヒロバカゲロウ


ふと足元を見ると・・・

DSC_1682.jpg

オオモンクロベッコウが大きなクモを引きずっていた。
クモをマヒ状態にし、巣穴で幼虫のエサにするハチの一種。


クモだって、見ていると面白いかも・・・

蜘蛛 (1)

アシナガサラグモ
左が雌、右が雄


蜘蛛 (2)

巣を張るキバナオニグモ



花と昆虫 (3)

偶然、ゴマシジミの産卵を見ることができました。
ナガボノシロワレモコウの花の周りに多く見られました。
スポンサーサイト

夏の花々

北海道も暑くなってきました。
鳥たちの繁殖期も落ち着きだし、囀りもすっかり減りました。

時々、幼鳥たちがうろちょろしている姿を見かけたりしますが
藪に隠れていたり、姿を見つけるのも難しいです。


夏は目先を変えて、上より下に注目します。


道沿いには様々な植物が生えていることでしょう。

花 (3)

クサレダマ




花 (1)

ノコギリソウ



花 (2)

トモエソウ




花 (4)

タチギボウシ




花と昆虫 (1)

ホザキシモツケとハナムグリ



次回は花に集まる蝶をメインにします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。