スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の湖畔

エゾハルゼミが鳴き、ズミの花が咲くと初夏の訪れを感じます。
木々の葉が生い茂り、鳥たちの姿もすっかり隠してしまいました。

姿は見えずとも、囀りはまだ聞こえるので存在を感じることは出来ます。

ウトナイ湖6月 (3)

枝先に止まるノビタキ。



ウトナイ湖6月 (2)

花に囲まれるカワラヒワ。



ウトナイ湖6月 (5)

大きな声で囀るウグイス。



ウトナイ湖6月 (6)

青々と茂った草木に彩りを添えるベニマシコ。



草原の上空を飛び交う猛禽の姿も

ウトナイ湖6月 (4)

チュウヒ



湖に目を移すと・・・

ウトナイ湖6月 (1)

アオサギの飛び立ち。



ウトナイ湖6月 (8)

魚を狙うカワセミ。



ウトナイ湖6月 (7)

水中の魚をめがけてダイブを繰り返すミサゴ。



いろんな花も咲きはじめ、昆虫も多く見られるようになりウトナイ湖にも初夏が訪れています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。