スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の影響で傷つく生き物たち

冬季の鳥見スポットとして楽しめる港。

外海が荒れると比較的波が穏やかな湾内にカモ類が入りやすくなる。
漁港など海ガモ観察にもってこいの場所である。

しかし、毎年のように嫌なものを見る場所でもある。


2013年1月2日撮影

傷病鳥 (3)

スズガモの雌。
この写真ではどうなっているか分かりにくいが、
足に網が引っかかり、その網にアルミサッシのようなものが引っかかっている。
これではまともに潜水できないであろう。


2015年1月1日撮影

傷病鳥 (2)

クロガモ雄
釣り糸か網のようなものが絡んでいるようだ。
歩行が苦手な海ガモが陸に上がっていると、たいていこのような状態のことが多い。



2015年2月19日撮影

傷病鳥 (1)

カワウ
一目で分かると思うが翼にルアーが刺さっている。
撒き餌を使う釣り人がいると、そこに魚が集まるため
魚を狙って泳ぐ鳥に釣り針が引っかかるケースも多いようだ。



2016年3月13日撮影

傷病鳥 (4)

カンムリカイツブリ
少し見えにくいが、この個体も釣り糸のようなものが絡みついている。
羽ばたいても右翼が開いていなかった。
これでは飛ぶことすらできないだろう。




このように人的要因で傷つく野生生物たち。
窓や壁にぶつかる、電線や畑のネットに引っかかる。
車との衝突。ビニールゴミなどの誤飲。

全て原因は人の生活にある。
人と野生生物が共生していくため何ができるだろう?
現在の生活スタイルを変えることは容易ではないが、簡単なことならばできるのではないか?

ゴミを拾ったり、窓にバードセイバーを貼ったり
ちょっとしたことでも心掛けていきたい。

スポンサーサイト

春の渡り

ガン類の北帰行が始まりました。
最初はむかわ町の田んぼを餌場とすることが多く、雪解けとともに餌場を変えていきます。

今季は積雪が少なく、すでに多くの田畑が開いてしまっています。
ですが、雪が少なかった昨年と比べると渡りのペースは遅めな感じです。

ねぐらとなる湖沼が解氷しきっていないのが原因でしょうか?

天然記念物のマガンの群れ。

160312 むかわ (2)

乾いた田んぼより、雪解け水などが残る田んぼに集まっていることが多いです。
落ち穂が濡れていた方が飲み込みやすいようです。


時折、オジロワシなどが上空を飛ぶと群れが一斉に飛び立ちます。

160312 むかわ (1)

迫力があります!
ですが、落し物には要注意。
車にぼとぼと落ちてきます。


たまに群れに珍しいのがいたりします。

160312 むかわ (3)

シジュウカラガン
紛れていると見つけにくいですが、発見率は高い方です。


ハクガンも数羽いるそうですが見つかりません。
カリガネとかサカツラガンも見てみたいものです。



田んぼを回っているとカラスも群れています。
その中には、

160312 むかわ (4)

ミヤマガラスが混じっていることもあります。
運が良ければコクマルガラスも見られます。



草原に行くと

160305 むかわ

ハイイロチュウヒ雌

今季は雄もよく出たそうですが、自分は遭遇率低めでした・・・。


今週末にウトナイ湖でガンを見る会があります。
今年のピークはいつになるでしょうか?
カウント調査の日程が合わず、参加できずに抜けてしまいそうです。

たまには猫の写真も・・・

野生生物を専門に撮影していますが、時にはこういう写真も撮ります。

ケイ

妻の実家にいる猫たち。
なんでも今は猫ブームらしいですね。

少し乗っかってみようかと・・・(笑)


マイ

猫が5匹もいるのでさながら猫カフェ気分。


カイ

性格は様々です。
なかなか懐いてくれない子もいれば、誰の膝でもいいから乗ってくる子、遊んでほしいかまってちゃんもいます。

カイとメイ

特に猫好きってわけではないのですが、動物が大好きな自分にとって癒しの空間です。


チビ


生き物と触れ合えるのって幸せですよね。


チビ (1)

時にはこんな写真もアップしていくことがあるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。