スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の森歩き

1月上旬に自分が担当する探鳥会があったので、下見がてら散策してきました。

生活の上ではうっとうしい雪も、写真に撮ることを考えるとこまめに降ってほしくなります。
以前、まとまって降った雪も固い塊となってしまい、ふわっとした冬の景色にならないのが残念です。

重い雪のせいか枝が折れた木も見受けられました。


170103北大研究林
ヤマガラ

カラ類は相変わらず人に近づいてきます。


170108北大研究林 (2)
キクイタダキ

小さくて可愛らしいキクイタダキ。


今季はここで冬鳥らしい冬鳥をあまり見ていない気がします。
ツグミなんかは町中の方ばかりに行ってしまった?



川沿いを歩くとやはりこのお方がいました。

170108北大研究林 (1)
アオシギ

この日はサービスが良く、人の前でもダンスを披露してくれました。



道を歩いていると、藪からバサバサバサ!!
と大きな音をたてて飛びあがる影。

初夏の頃ならキジバトだなぁって思うのだが、季節が違う。
もしかしてきっと・・・と待っていると

170108エゾライチョウ (1)
エゾライチョウ

やはり出ましたエゾライチョウ。
てか近いって・・・。

あまりに近いので後ろに下がってしまうくらいでした。

やがて彼は木に登って行き、ズミの実を食べ始めました。

170108エゾライチョウ (2)

人の頭上で構わずに食べ続ける・・・

やがて雌も近づいてきて一緒にお食事。

170108エゾライチョウ (3)

至近距離のエゾライチョウ。
背景はいまいちだったが一人で独占状態でした。


ちなみにこのエゾライチョウ夫婦は、翌日の探鳥会にも現れ盛り上げてくれました。
スポンサーサイト

年末も森歩き

明けましておめでとうございます。
今更ですが、新年最初のブログ更新です。

まずは年末の鳥見から・・・

うっすらと雪が降った翌朝。
森へ出かけました。

DSC_0864.jpg
ハシブトガラ

いつもと変わらないカラ類がお出迎え。


DSC_0832.jpg
キクイタダキ

小さな鳥たちも積雪に慌てているような気がします。


DSC_0896.jpg

氷点下の渓流が生み出す芸術作品。



DSC_0930.jpg
ミソサザイ

川沿いにはやはりミソがいます。



DSC_0803.jpg
アオシギ

ほぼ毎年、同じあたりで見かけるアオシギ。
この冬も来てくれていました。


次は年明けの森歩きを・・・。

2016年 最初の研究林

年が明け、2016年となりました。
年末年始も出来る限り鳥見に出かけており、貴重な休日を有意義に過ごしていました。

でも、家事は妻にまかせっきりではなく、ちゃんと分担して行っています。
家のことを何もせずに遊びに出るわけにはいきませんからね。


DSC_0013.jpg

冬の研究林ではごく普通に見られるダイサギ。
魚を捕っている姿を見られます。


カラ類は人の周りに集まって来るので容易に撮影できます。

DSC_0102_20160107121430708.jpg

ハシブトガラ


DSC_0356.jpg

ゴジュウカラ


何度も頭に乗られました。
人に慣れすぎです・・・。



DSC_0080.jpg

マガモたちも人に慣れており、時には車道に出てくるので危ないです!



林内を散策中に木をたたく音。

DSC_0256.jpg

オオアカゲラが巣穴(ねぐら?)を掘っていました。



道のわきでハシブトガラスが何かしています。
なんか茶色い塊が・・・?

DSC_0333.jpg

死んだタヌキをついばんでました。
タヌキの死因は分かりませんが、失われた命もこうやって他の命へと引き継がれていくのが自然の摂理。
輪廻とはこういうことを言うのでしょうか?

冬の研究林

暖冬の今季。
なかなか積雪が増えません。
でも、ようやく気温が下がり日中も寒くなってきました。


そんな寒さに負けずに研究林を散策してきました。

エゾリスたちは冬眠しないので、食料探しに余念がありません。

エゾリス研究林 (2)

冬の間は主に午前中だけ活動し、あとはねぐらで寝て過ごすようです。
午後から来てもめったに見ることは出来ません。

エゾリス研究林 (1)

雪の下のエサを探しているようです。
まだ雪が少ないので余裕ですね。


日本最小種のひとつ

キクイタダキ研究林

キクイタダキ

針葉樹を好み、葉の間を移動しながら虫を探します。
ちょこまか動き回るので撮影は難しいです。


同じく最小種の

ミソサザイ研究林 (1)

ミソサザイ
川べりを移動しながらエサを探していることが多く、保護色も相まって見つけにくいです。

ミソサザイ研究林 (2)

冬でも時に囀っていたりします。
尾羽をくいっと上にあげたポーズが可愛いです。


可愛いといえば忘れてはならないのは・・・

シマエナガ研究林 (1)

シマエナガ
北海道の亜種シマエナガは真っ白な頭部が特長的。

シマエナガ研究林 (2)

小さな雪ダルマみたいな姿。
野鳥界のアイドル的な存在で人気があります。



真っ白いといえばこの方・・・

ダイサギ研究林 (1)

ダイサギ
白鷺と言われる一種で、大中小で名前が付けられています。
見た目は綺麗ですが鳴き声は可愛くありません。

ダイサギ研究林 (2)

川辺で魚を狙っている姿をよく見ます。


氷点下の渓流では自然の芸術作品を探すのも面白いです。

氷

水飛沫が凍りつき、見事な造形美を作り出します。
生き物以外はあまり撮らない時分ですが、たまにこんなのも撮ってみたりします。

秋の研究林

11月に入り、すっかり寒くなりました。
秋の北大苫小牧研究林を散策してきました。

秋の研究林 (1)

天然記念物のクマゲラ君はごつごつと穴掘りに夢中。
もう巣穴を掘ってます?


落ち葉の上を走り回るのは

秋の研究林 (2)

エゾリス

ここの子たちは人に馴れているので、カメラを構えるとこちらに向かってくるので困ります。
何年か前には腰にまで登られました。


人馴れしているいえばカラ類

秋の研究林 (4)

ハシブトガラ


秋の研究林 (3)

ゴジュウカラ


カメラのレンズに止まったり、頭に乗ったりするのはやめてください。
それもこれも、エサやりする人が多いからです。
おかげで撮りやすいとも言えますが・・・。

禁止されている場所ではないので、一般市民が自然と親しむ程度で与えるのは・・・まぁ良しとしましょう。
ただ、目に付くのは写真を撮るためにエサを与える行為。
マナーの悪いカメラマンがいると自分も同類と見られている気がしてしまいます。


秋の研究林 (7)

一方、ミヤマカケスはエサをもらっていても人には馴れません。
なかなか近い距離で撮れない子です。



毎年カメラマンが集まる場所は

秋の研究林 (6)

フクロウのいる木。
繁殖期以外は高確率でここにいるようです。

目を閉じて寝ていることが多いです。

秋の研究林 (5)

この日はたまたま動きが多い日でした。


目を開けた写真が撮りたいからと大声を出す悪質な人がたまにいます。
カメラマンだけじゃなく、散歩の人まで大声を上げていました。

こういう人たちに限って、そのように起こすのを自慢げに話しています。
自分が寝ている所を邪魔されても気にならないのでしょうか?


自然の中にお邪魔させてもらっている、写真を撮らせてもらっている
そういう気持ちを持ってもらいたいと願います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。