スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイフィールドに現れた珍鳥

いつかは見てみたいと思っていた野鳥。
本州まで行かないとまず見られないし・・・。
大阪城とかかなぁ~なんて思っていた憧れの鳥。


まさか・・・北海道のマイフィールドに現れるとは・・・。

サンコウチョウ (1)

そう、サンコウチョウが飛来しました。
苫小牧でも初ではないでしょうか?!


結構、早い段階で問い合わせは受けていたのですが、仕事でなかなか行けず・・・。
ようやく行けたのは新聞に載ってしまった翌日の土曜日でした。


早朝、5時過ぎに現地へ到着。
妻も早起きして憧れの鳥探し。

この時間にしてはカメラマンは多め。
やはりサンコウチョウ狙い。

まだ動きが少ないのか見つからず、ひとまず朝食のサンドイッチを食べていると・・・

聞きなれない囀りが!?
「・・・ホイホイホイ」

一瞬でサンコウチョウだと分かる囀り。
周りのカメラマンも動きがあわただしくなりました。

サンコウチョウ (2)

撮影しながら行動を観察。
高い木の上・葉が密集し薄暗い場所
こういった条件を好むよう。

サンコウチョウ (3)

なので見上げた感じ、日陰に入っていたり枝被りの姿ばかり。


一度、7時過ぎで切り上げ室蘭での所要を済ます。
昼過ぎに再び苫小牧に戻ってくると、公園には4~50人の人だかり。
サンコウチョウを両サイドから取り囲むように陣取っていました。

見たことない顔ばかりでマイフィールドがアウェーになっています・・・。

警戒心も強い野鳥なので、人の群れに入っていてはまともに撮れなさそう。
彼の好む場所で待ち伏せ作戦に切り替えました。


サンコウチョウ (5)

1人でじっとしていると、彼の方から近づいてきました。


サンコウチョウ (4)

虫を捕まえました。
羽根をむしろうと振り回しては落としそうになり、あわてて拾いに行く姿も見られました。


サンコウチョウ (6)

非常に長い2枚の尾羽。
図鑑の全長(嘴から尾羽)は結構大きいんですが、体の方はオオルリより小さめでしょうか?



大勢の人の群れに取り囲まれたこともあり、翌日には姿を消してしまったサンコウチョウ。
本州の方でも人に取り囲まれると聞いています。
北海道まで来てもそれは変わらないようです。

別れは寂しいですが、いつもの公園に戻りほっとしています。


またいつか君に会える日を楽しみにしているよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。