FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州鳥見 『ツリスガラ』

スズメ目ツリスガラ科

冬鳥として本州中部以南に飛来する。



DSC_0072.jpg(響灘ビオトープ)



平地のアシ原を好み、茎の皮をむいて中の虫を食べる。
その際、パチパチと音がする。




DSC_0157.jpg(響灘ビオトープ)



雄は頭部が灰色で、黒い過眼線がある。




DSC_0049.jpg
(響灘ビオトープ)



雌の頭部は淡い褐色で、過眼線も褐色味がある。




DSC_0173.jpg(響灘ビオトープ)



草の種子も食べ、撮影の時はガマの穂をついばんでいた。




九州出張の際、ツリスガラになかなか出会えず諦めかけていたが、最後の鳥見の時に出てきてくれた。




DSC_0226.jpg
(響灘ビオトープ)




前に九州鳥見に来たときにも、最終日にぎりぎりで見ることができた。
ツリスガラとはそういう鳥なのかもしれない(笑)





これで出張時の九州鳥見シリーズは終わりにします。
他にも色々な野鳥に出会えました。
またいつか冬の九州で鳥見に訪れたいです。
スポンサーサイト

九州に行ってきました Part3 『ツリスガラ』

九州新婚鳥見旅行の記録はまだまだあります。

続いての九州ならではの野鳥・・・
DSC_0990.jpg
ツリスガラ

スズメ目ツリスガラ科

冬季、九州を中心に西日本に飛来するそうです。
アシ原を好み群れで採餌しています。

DSC_0992.jpg

採餌中はアシ原の中からパチパチパチパチと茎を剥ぐ音が響いてきてました。

DSC_1018.jpg

繁殖地では樹木の枝に袋状の釣り下がった巣を作るそうだ。

DSC_1024.jpg

この鳥も見たいリストにあげていたが、回遊する群れにタイミングよく会えなければ見るのは難しい。
旅行の最終日に他の鳥を見ているとき、偶然近くに群れが飛来した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。