日替わり野鳥 『キビタキ』

初夏、野鳥たちは繁殖期を迎えきれいな囀りが聞こえてきます。

今回はそんな夏鳥の

120521キビタキ

キビタキです。

スズメ目ヒタキ科
冬季はフィリピンやボルネオなどで越冬し、繁殖期に日本各地へ飛来する。

140510キビタキ

明るい林を好み、木の上よりも中間あたりの高さにいる事が多い。
木漏れ日の中では目立ちにくい色合いをしている。

140524キビタキ

北海道は特に生息密度が高めで、周囲から複数の囀りが聞こえてくることも多い。
そのため、春は縄張り争いをする雄同士が羽を打ち鳴らし威嚇する姿をよく見かけられる。

黒と黄色のコントラストが鮮やかな雄に対して

110523キビタキ雌

雌は全体的にオリーブ色っぽい褐色で目立たない。


林内の水場でも見られることが多く

150606キビタキ (2)

水浴びする姿もしばしば見られる。

150606キビタキ (3)

その色合いはカメラマンにも人気が高い。


130612キビタキ

最後に見上げることの多いキビタキ。それを上から見下ろした写真


スポンサーサイト