九州鳥見 『ツクシガモ』

カモ目カモ科
環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類

冬鳥として主に九州へ飛来。
干潟で多く見られる。


ツクシガモ (1)
(須崎調整池)



頭部と肩は緑光沢のある黒。
胸から背にかけて赤茶色。
嘴は赤い。



ツクシガモ (2)
(須崎調整池)



干潟でよく見られましたが、割と遠かったです。
調整池や水路に入る個体は近くで見られることが多いかもしれません。



ツクシガモ (4)
(須崎調整池)



名前の語源は、「筑紫」地方でよく見られるからツクシガモの名がついたそうです。




ツクシガモ (3)
(須崎調整池)



冬の九州を代表するカモだと思います。
スポンサーサイト

九州に行ってきました 『ツクシガモ』

本日は天候も荒れているので家でのんびり。
1月末に九州に新婚鳥見旅行に行ってきたので、その時の写真を載せていきます。

今回の野鳥はこちら!
DSC_0786_1.jpg
ツクシガモです。

カモ目カモ科
環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類

DSC_0790_1.jpg

冬になると主に九州へと渡ってきます。
北海道では見ることのできない鳥なので、どうしても見たいと思っていたのですが・・・

DSC_0937_1.jpg

まあ、どこにでもいる鳥って感じでした(笑)

遠目に見ても、大きく白い部分が目立つのでよく分かります。
結構のんびりした感じなので観察もしやすかったです。

干潟、海岸近くの水田や貯水池などでよく姿を見ました。

いつかは野生のアカツクシガモも見てみたいものです。
DSC_0803_1.jpg
タゲリとツーショット