スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カササギ調査結果 新聞記事より

苫小牧のカササギのルーツについて調査結果が発表されました。

北海道新聞より

6d2cfc5c37cf96d8e03356961a356dc31.jpg

DNAでの調査でロシア極東が起源と判明したそうです。
スポンサーサイト

日替わり野鳥 『カササギ』

1月末に九州に旅行へ行った時、福岡県内でカササギを見ました。
中には電柱に巣を作っていたり・・・。

佐賀県では見かけませんでしたが、国内でカササギが見られるのは本来佐賀県のみ。
秀吉の朝鮮出兵の際に鳴き声が「カチカチ」と聞こえ、縁起がいいという事で持ち込まれたのがきっかけとされています。

現在は分布が広がり、福岡県や長崎県でも確認されるようになったと聞いています。

韓国では国鳥とされているカササギ。
佐賀県などでは地域での天然記念物とされています。

今回は北海道のカササギを紹介します。

DSC_0048.jpg
(苫小牧市 ウトナイ湖)
スズメ目カラス科


北海道では80年代から各地で少数が確認されるようになりました。
90年代になると繁殖も確認されるようになり、その繁殖地のほとんどは苫小牧市。
今では苫小牧で普通に見られる鳥となりました。

DSC_0901.jpg
(苫小牧市 ウトナイ湖)
苫小牧でも見られる地域は住宅街や海岸工業地区に多く。
農耕地や森林草原などではあまり見かけません。

DSC_0510.jpg
(苫小牧市 自宅前)

自然だけの環境よりも人の生活圏を好むようです。
こういう性質は九州の個体も同じなのでしょうか?


近年は苫小牧以外にも分布を広げており、むかわ町や白老町でも普通に見られています。
恵庭市や平取町、札幌の真駒内でも繁殖は確認されていないものの目撃例はあります。

DSC_0095.jpg
(むかわ町)

なぜ北海道に生息地が広がったのか?
広がった理由は分かりませんが、諸説あります。

①飼育個体の篭脱け
②貿易船に乗ってきた
③大陸から渡ってきた

DNAによる研究も進められており、少しだけ聞いた話では・・・
A、多様性に富んでいる
B、九州や韓国の個体群ではない

それらを踏まえて個人的に見解を述べると

①はそうとうな個体数がいない限り近親交配となるため A のようにはならないと思われます。

②は B を踏まえるとカササギはロシア方面にも分布している為、ロシアからの船に乗ってきたと考えられます。
  しかし、A を考えると一度や二度ではなく、何度も船に乗ってくる必要があることから、そう何度も船に乗り込むか?と
  疑問がわきます。

③について個人的には一番夢があるかと思います。ロシアから新天地を求めて渡ってきたのならAもBも納得がいきます。
  しかし、大陸に近い日本海側では確認例が少ないことと、土着性が強いこと。
  「長距離を飛べる飛び方じゃない」(野生生物専門の獣医談) 渡りの可能性も低めです。

現在では②の貿易船に乗ってきたが有力とされています。


DSC_1672.jpg
(苫小牧市 ウトナイ湖)
夏には幼鳥が群れで行動する姿をよく見ます。

今もなお研究が進められており、死体が手に入ると様々な機関が欲しがるそうです。
なかなか賢いようで、調査したくても捕まらないというバンダーもいました。

DSC_0911.jpg
(苫小牧市 ウトナイ湖)

人の身近にいながら、カメラを向けるとすぐに逃げるカササギ。

君たちはどこからどうやって来たの?
直接聞けたらいいなと思ってしまいます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。