スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日替わり野鳥 『シジュウカラガン』

もう少しガン類の紹介は続きます。

ガンの群れを見つけると、必ずやってしまうのがレア探し。
ガンの群れの中にはまれに希少なガン類が混じっていることがあります。

その一つがこちら

DSC_9381.jpg

シジュウカラガン

カモ目カモ科
環境省RDB絶滅危惧ⅠA類

国内の飛来する亜種は主に2種。
亜種シジュウカラガンと亜種ヒメシジュウカラガンがいる。

亜種シジュウカラガンの成鳥には首の付け根に白いラインが入る

DSC_0606.jpg

小さくて分かりにくいが、この中に亜種シジュウカラガン成鳥が5羽写っており白いラインが確認できる。


一方、最初の写真にも使ったこの個体。

DSC_9289.jpg

首に白いラインはないが、おそらく亜種シジュウカラガンの幼鳥ではないかと思う。


DSC_9349.jpg

このようにマガンの群れに少数が混じっていることがあり、複数いるときはシジュウカラガン同士で共に行動している姿を見られる。

ただし、1羽だと

DSC_9392.jpg

他のマガンに目をつけられるのか、時折つつかれたり追い回されたりしている様子が見られた。


渡りの際はマガンより東寄りのルートを通るようで、十勝方面に大きな群れが入るようだ。
100羽くらいはいたという話を聞いたことがある。

一時は数が激減したそうだが、だいぶ回復傾向にあるのだろうか?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。